上町観音堂
串間市上町

観音堂           串間市上町

江戸時代中期、上町に「櫛間城」があり,その一角に黄檗宗(おうばくしゅう)のお寺があったが、廃仏毀釈の関係で取り壊されました。
それで上町の住民が仏像と観音様を現在の地に運び、今日まで守り続けて来ました。観音堂横には、黄檗宗太玄和尚之塔があります。
太玄和尚は、串間神社「古額 隅江五郎左ヱ門碑文」の筆者である。
毎年7月には上町住民が総出でお祀りをされています。上町観音堂