2006年12月5日(火)
クリスマス・イルミネーション
          
師走となり市内のあちこちでクリスマスイルミネーションが点滅し灯りが冬空を綺麗に彩っています。 中でも、県南病院前庭園に設置された ツリー・トナカイ・ペガサスなど数多い電飾が今年も鮮やかに点滅しております。庭園内は暖かくして見られるようスタンドヒーターを備えるなどの気遣いがなされていました。このような所で見る電飾は、その点滅する光がファンタスティックな空間に包まれ心を和ませてくれます。素敵なイルミネーションをここからご覧下さい。

2006年12月1日(金)
ふるさと林道&坂元棚田

ふるさと林道小布瀬風野線沿いの「なごりの紅葉」を求めて、小布瀬の滝、更に10月6日7日,日本棚田サミットが開催された坂元棚田に行ってきました。轟音をたて落差15メートルを流れ落ちる小布瀬の滝や、日本棚田100選に選定されサミットが行われた坂元の棚田は,刈り入れも終り、一味違った晩秋の風情を見る事が出来ました。その情景をここからご覧下さい。


2006年11月12日(日)
市民秋まつり・文化
串間市の三大イベントの一つである、第40回串間市民秋祭り・文化祭が串間市文化会館大ホールで大勢の観客の下 盛大に開催されました。文化祭は、芸術の秋に相応しい地元の芸能 大正琴・舞踊・コーラス・民謡・歌謡・三味線・伝統芸能・太極拳 などで、出演者の皆さんは、日頃の練習の成果を発揮され観客から盛大な拍手を浴びていました。その情景をここからご覧下さい。

2006年10月30日(月)
霧島連山「韓国岳」登山
10月30日、我が登山仲間7名で、霧島連山「韓国岳」に登ってきました。天候に恵まれ絶好の登山日和でした。仲間は高齢者ばかりで、81歳を筆頭に、70歳代4名、60歳代2名でしたが年齢を感じさせない健脚ばかりで1時間半位で登頂しました。 私自身2回目の登山でしたが、山男の心境が漸く分かったような気がします。雄大な山の風景をデジカメ写真ご覧下さい。

2006年10月22日(日)
串間球場で フェニックス・リーグ
プロ野球ファーム組織の秋季「フェニックス・リーグ」が宮崎県内各地域のスタジアムで開催されており、当 串間市総合運動公園野球場では、中日VSインボイス戦が開催されました。試合は、インボイスのホームラン攻勢で  1:8の大差でしたが、プロの溌剌プレーを見る事が出来て大満足の一日でした。串間市は、過去 中日球団のキャンプ地でキャンプシーズンは大いに賑わっていたことを思い出します。再度プロ球団を誘致して串間の活性化に努めて欲しいものです。熱戦の模様をここからご覧下さい

2006年10月9日(月)
大束 石木田橋付近のコスモス満開
串間市大束の石木田橋から秋山倉掛に通じる、沿道約2キロにコスモスが植えられ今や盛りと言わんばかりに咲いています。可憐なコスモスは、澄み切った青空に映え秋を感じさせる情景です。可憐なコスモスをここからご覧下さい

2006年9月10日(日)
ドリーム・ベースボール
プロ野球「名球会、OBクラブ」で構成するドリームチーム&南郷町選抜チームのドリーム・ベースボールが西武ライオンズ球団のキャンプ地である、宮崎県南郷町「南郷スタジアム」で開催されました。今回は、名球会(金田正一会長・柴田勲・山本浩二・山崎裕之・衣笠祥雄・藤田平・堀内恒夫・北別府学の8名)と、OBクラブ(松沼雅之選手他15名) 合計24名の豪華選手がやって来ました。試合はドリームチームが5:3で勝利しましたが、好プレイ・珍プレイありのとっても面白い試合でした。試合の模様をここからご覧下さい。

2006年8月9日(水)
猪八重渓谷&五重の滝
猪八重渓谷は、宮崎県北郷町郷之原より猪八重川沿いの林道を4km北上した地点にあります。猪八重谷川の周囲は、岩山と森林が綺麗な自然林を形成した渓谷と、美しい五重の滝(5段)を中心に「流合の滝」「岩つぼの滝」など無数の滝があり、これら その美しい情景が「猪八重風景林」に指定されています。今回は、上流側から五重の滝に向かうコースを選びました。初めての私は、本太郎側駐車場からしばらく杉や檜の林の緩やかな勾配の中を歩き、軽快な足取りでしたが、奥へ進むうち周囲は雑木林へと変わり、それと共に勾配がだんだん急になり、下りでも両手を使わないと降りられないほどの勾配となる 遊歩道? いや登山道?  何れにしても、かなりの 難コースで心身共くたくたでした。しかし、深山渓谷と五重の滝(落差25米)の素晴らしい景観が心を和らげてくれました。
この美しい景観をここからご覧下さい。

2006年8月1日(火)
日南海岸国定公園「梅ヶ浜海岸」
今年も暑い夏がやってきました。
ここ、日南海岸国定公園・梅ヶ浜海岸は、日南市油津にあります。 太平洋 日向灘の彼方に青い海&青い空と交わる水平線がとても綺麗です。そして海岸は、太平洋の荒波で浸食され動物等に似た奇岩群が無数に点在しており、一見日本三景の松島を思わせる風光明媚なところで、隠れた観光スポットになっています。また最近はサーフィンが楽しめる海岸としてネットで紹介されています。この夏の風景を ここからご覧下さい。

2006年7月24日(月)
服部克久さん館長の都城文化ホール完成
創造とコミュニケーションの場として全ての人に開かれた多機能総合文化施設「都城市総合文化ホール」が完成し、2006年10月22日グランドオープンとなりました。オープンに先駆け7月23日プレオープンと言う事で見学してきました。当文化ホールは館長の服部克久さん参画と言うこともあって、管内には、演劇を主目的とした中ホール(682席)・音楽を主目的とした大ホール(1461席)があり、双方落ち着いた色調の木質系内装をベースにし、舞台と客席との一体感や臨場感に配意した構造となっていました。また音響反射板を備えており、音楽空間としても利用出来る素晴らしい近代的なホールでした。詳細はここからご覧下さい。

2006年5月31日(水)
霧島連山 中岳・新燃岳の山肌を染めるミヤマキリシマ
霧島屋久国立公園に属する「霧島連山」ではミヤマキリシマが、中岳・新燃岳等の高地でピンク色の花を咲かせています。それで今が見頃と思い、5月30日、写真仲間4人でカメラ片手に行って来ました。登山コースは、高千穂河原から中岳(1345米)・新燃岳(1420米)へと往復8キロ位のコースでした。途中、険しい岩をよじ登る難所もありましたが、ミツバツツジ、ハルリンドウ、ミヤマキリシマの山肌を染める美しい花景色に囲まれ、また霧島連山の火口群を眺めながらの登山は全く疲れを感じさせませんでした。高地で自生するミヤマキリシマは、冬季に一部落葉する常緑低木で高原の初夏を彩る麗花です。         この詳細はここからご覧下さい。

2006年5月17日(水)
Excel Human創業2006
Excel Humanファミリー最高経営責任者深江今朝夫さんは、我が串間市高則の出身です。深江オーナーは、1964年5月大阪府堺市でExcel Human会社(製造販売)を設立し、以後深江オーナーの才覚と手腕で次々会社を拡大、現在は日本各地は元より世界に進出し、今や日本経済界を支える重要な人となっています。このような深江オーナーは、出身地の串間市にも目を配り、過去に市に助成金数億円を寄付頂いたりしています。また、会社の創業祭も、毎年、生家の高則で開催してしており、今年も5月15日、高則の深江オーナー邸広場に多くの市民を招待し、人気ゲスト、細川たかし・中村三津子・千昌夫・桂三枝・北山たけし・北島三郎夫人・チェリッシュ・三ツ木清隆・兵庫ケンイチ・作詞家いではく先生等を当地に招きゲストが共演、また、最後に約100発の花火を打ち上げ、創業祭は盛大に行われました。お陰で楽しい一時を満喫する事が出来ました。イベントの状況はここからご覧下さい。

2006年4月22日(土)
椎八重公園つつじヶ丘&高千穂牧場

4月21日、都城三股町の椎八重公園つつじ祭り高千穂牧場行ってきました。先ず、三股町のつつじ祭りは、例年4月から4月下旬まで開催されており、広大な46haの椎八重公園のつつじヶ丘に6万本のつつじが植えられ、祭り期間中は午後9時30分までライトアップされています。また、入場無料(200台の駐車場あり)です。つつじ祭りここからご覧下さい。

次に、高千穂牧場は、都城市吉之元町の標高580米小高い所に在り、正面には霧島連山(韓国岳1700米・新燃岳1420米・中岳1332米・高千穂峰1574米)が聳え景観は抜群です。この高千穂牧場は64ha(内牧草地46ha)の広大な敷地に牛舎めん羊舎など酪農工場、バーべーキューハウス、乳搾り体験コーナー、動物ふれあいランド、売店などあり、大人も子供も一日中楽しめます。この素晴らしい景観はここからご覧下さい。


2006年4月14日(金)
延岡大師祭り&日向岬「馬ヶ背」めぐり

4月14日、九州三大祭りの一つになっている「延岡大師祭り」をメインに、日向岬・「馬ヶ背」を観光してきました。延岡の弘法大師説は、天保10年、弘法大師の信徒達が疫病封じのため、高野山・金剛峰寺から弘法大師の座像を勧請して大師庵を建てたことに始まり、その後、昭和32年に日本一の弘法大師銅像、「高さ17m、重さ11t、足の大きさ62文1.25m」を建立し現在に至っているそうです。延岡の大師祭りは、明治22年、四国霊場88ケ所を形どった石仏像を延岡在住の人たちが、守護神(大師)として、五穀豊穣、家内安全を祈って奉納し、春を迎えた喜びに合わせて、旧暦の3月21日に参拝したところから盛んになって、今では県内外から多くの参拝客が訪れるそうです。大師祭り詳細はここからご覧下さい。 

次に、日向岬「馬ヶ背」は、奥行き200m幅10m海水路の両岸に高さ70mの垂直にそそり立つ断崖絶壁になっており、日向灘の荒波と谷底から吹き荒れる風に足がすくむほどです。 柱状岩は、火山の噴火物や地下のマグマが火道や、割れ目に貫入して、冷え固まる時に出来たといわれています。また馬ヶ背の名称は、遊歩道先端一帯の盛りあがった岩肌が馬の背中に似ている事からこう呼ばれてるそうす。この日向岬「馬ヶ背」の詳細はここからご覧下さい。


2006年4月10日(月)
鹿児島薩摩半島観光&竹の子堀

在職中お世話になった上司の米満様から、鹿児島観光旅行&竹の子堀のお誘いがあったので、4月8日、9日の一泊二日で行ってきました。8日が鹿児島薩摩半島の観光で、先ず指宿スカイライン「錦江台展望公園」・「知覧特攻平和公園」・「イッシーで有名池田湖」・「長崎鼻」・「開聞岳」・「城山公園」と強行軍で観光してきました。何れも良いところばかりで感激しました。中でも知覧特攻平和公園では17歳で南の空に消えていった勇士を思い、またその絶筆に涙しました。二日目は米満様の広大な竹林で、初めて竹の子堀をさせて頂き手に豆を作りながら掘りました。完全に根元から掘り起こせた時の嬉しさは童心に返ったようでとても楽しい思いをさせて頂きました。米満様ご夫妻には、大変お世話になり有難うございました。この二日間の詳細はここからご覧下さい。


2006年3月28日(火)
さくら満開
3月27日、絶好の花見日よりに桜の名所である、西都原古墳公園・天ケ城公園・綾馬事公苑・観音池公園と  4カ所の花見をはしごしてきました。 いづれのさくらも満開で、その綺麗さに 季節を醸し出す日本風土の素晴らしさを実感した一日でした。詳細はここからご覧下さい

2006年2月25日(土)
プロ野球宮崎キャンプ
2月24日、宮崎でキャンプ中の、プロ野球球団ジャイアンツソフトバンクホークスのキャンプ状況を見学に行ってきました。ジャイアンツは紅白戦、ホークスは、打撃練習を行っておりペナントレースに備え両球団とも真剣そのものでした。今シーズンの成績が期待されます。その雰囲気をここからご覧下さい。

2006年2月21日(火)
M5ロケット打ち上げ成功

2月21日、午前6時28分、赤外線天文衛星「あかり」を搭載したM5ロケット8号機が、鹿児島県肝付町、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。打ち上げの瞬間を串間市の都井岬&高松海岸から見て来ました。 あいにく大隅半島の裾に厚い雲がかかっていましたが、衛星ロケットは、定刻に轟音と共にすごい光を発し、勢いよく宇宙に向かって飛行して行きました。詳細はここからご覧下さい。


2006年1月24日(火)
地球観測衛星「だいち」打ち上げ成功
1月24日10時33分、鹿児島県の種子島宇宙センターから、地球観測衛星「だいち」搭載のHーⅡAロケット8号機が打ち上げられました。その状況を種子島の真向かいにあたる都井岬から確認しました。天気は良かったのですが水平線に雲がかかり少し見難い状態でしたが、宇宙航空研究開発機構の打ち上げ成功の報を聞き安心すると共に感激した一瞬でした。この状況は「地球観測衛星」でご覧下さい。

2006年1月3日(火)
宮崎神宮&西都原古墳群
新年の初詣は1月3日、宮崎神宮で参拝、その後西都市の西都原古墳群に行ってきました。宮崎神宮は、紀元前7年まで宮崎の宮で天下の政治をとられたという初代天皇「神武天皇」とその父「ウガヤフキアエズノミコト」母「王衣姫」を祀る神社(本年は皇紀2666年)です。  また、西都原古墳群は西都市の西方、南北に走る、標高70m程度の洪積層の丘陵上に形成された日本最大の古墳群で広大な丘陵の中に311基の古墳が現存しています。この詳細はここからご覧下さい。